SERVICE DESIGN
WORKSHOP

Concept

ニューノーマル時代に必要な
DXによる新ビジネスの創出を

社会環境の変化に伴い、ニューノーマルな生活様式が定着しつつある今、ビジネスにも変革が求められています。ITを効率的に有効活用するデジタルトランスフォーメーション(DX)を実行し、これまでの考え方に対して、新しい要素を考慮して見直すことが必要となっています。

アツラエの「サービスデザインワークショップ」は、お客様のサービスをお客様とともに思考し、生み出すワークショップです。これまで2,000以上のアプリの制作実績をもった有識者が共にワークを行うことで、今だからこそ必要なアイディアや企画が生まれ、お客様のビジネスにフィットするサービスをかたちにすることが可能となります。

アツラエの提供する
SERVICE DESIGN WORKSHOPの特徴

  • すべてのゴールは
    最高のサービスを生み出すこと

    ワークショップは多数提供されておりますが、弊社のワークショップは「ワークショップのやり方を教える」のではなく「お客様の最高のサービスづくりをお手伝いする」ことを目的としております。「ワークショップの実施」ではなく、実際のビジネスに活かすことができるアイディアを創ることが目的になります。

    全てはのゴールは最高のサービスを生み出すこと
  • 豊富な実績がある
    ファシリテーターメンバーが参加

    弊社は今までに2,000以上のアプリケーション開発実績を保有しております。また、アプリケーションはスマートデバイスやWebにとどまらず、ロボティクスやVR、AIの領域まで多岐にわたる分野での経験をつんでおります。本ワークショップではそれらの経験を持った有識者がファシリテーションを行うだけでなく、実績のあるデザイナーやエンジニア、ディレクターがお客様とともにワークに参加させていただきます。そのため、より現実的かつイノベーションを起こしうるサービスを生み出すことが可能です。

    豊富な実績があるファシリテーターメンバーが参加
  • プロトタイプで終わらない
    ユーザーテストで確か反応を

    多くのワークショップでは、プロトタイプを作り、社内メンバーの反応を見て終わってしまいます。しかし、弊社が提供する「ユーザーインタビューオプション」を実施することで、サービスの検討時点で、有用性を具体的なターゲットユーザーの声として把握することが可能となるため、リリース段階での評価を前もって予測し、検討/改善することができます。「ユーザーインタビューオプション」では、ターゲットとするユーザーのアサインから、プロトタイプインタビュー、さらにはインタビュー結果をもとにしたブラッシュアップまで実施することが可能です。

    プロトタイプで終わらないユーザーテストで確か反応を
  • ワークショップから開発まで
    ワンストップで対応

    ワークショップの参加メンバーには「デザイナー」「ディレクター」「エンジニア」がアサインされているため、サービスをかたちづくる際に改めて情報をインプットすることなく、即時に体制を組んでスタートすることが可能です。また、親会社「株式会社ジェーエムエーシステムズ」との協業により、AIなどに代表される先端技術を含めた開発にも対応が可能なため、どんなに複雑なサービスもワンストップでリリースまでご提供することができます。

    ワークショップから開発までノンストップで対応
  • どんな場所でも
    オンラインでワークショップを

    弊社のワークショップは場所を選ばず、ネットワークさえ繋がる環境であれば、オンラインでワークショップを実施することが可能です。オンラインで実施することで、遠隔地のメンバーとのワークはもちろん、ワーク中のアイディアシートなどをオンラインで共有することが可能となるため、いつでもお手元のPCから見返すことができます。

    どんな場所でもオンラインでワークショップを

Time Line

サービスデザインワークショップは準備期間から、
3回のセッションを含めた、約3週間で実施します

WEEK1

事前の準備

テーマの検討や、
ペルソナ候補の選定準備など

WEEK2

SERVICE DESIGN WORKSHOPのペルソナの理解

ペルソナの理解

ワークショップ概要の把握とペルソナの深堀りを実施

SERVICE DESIGN WORKSHOPのアイディーション

アイディエーション

ペルソナのニーズにあわせたアイディエーションと整理

WEEK3

企画検討

チームごとに
企画検討を実施

SERVICE DESIGN WORKSHOPの企画検討

サービスの発表

各チームごとに検討したサービスを共有/評価し、方向性を確定する

PRICE & OUTPUT

サービスデザインワークショップ

基本料金¥1,500,000-

SERVICE DESIGN WORKSHOPの成果物

成果物

サービスデザインワークショップでは成果物として、ワークの内容を総括した資料をご納品させていただいております。本書にはワークで活用したHWWやアイディエーションのアイディアシートなどのデータを報告書として取り纏め、さらに弊社有識者によるコメントを記載します。ワークの成果を社内にご報告いただく際に、ご活用いただけます。

※成果物のサンプルもご提供可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
[期間]

準備期間:1week

ワーク実施日数:3days

[サポートメンバー]

ファシリテーター:2名〜

サポートメンバー(プランナー):2名〜

サポートメンバー(デザイナー):2名〜

※さらに他職種や業種の参加者のアサインをご希望の場合も、お気軽にご相談ください。

サービスデザインオプション

クリエイティブコンサルティングオプション

¥500,000

イノベーティブなサービス企画をなんとしても手に入れたい方へ

弊社でも独自に社内ワークショップを行い、企画提案をさせていただきます。お客様にて検討頂いた企画と、弊社にて検討させて頂いた企画が揃うこととなるため、よりイノベーションを起こしやすいサービスを企画できる可能性が高くなります。

プロトタイプクリエイトオプション

¥750,000

※参考価格 詳細はお問い合わせください
動くものを使ってテストや社内プレゼンをしたい

ワークショップで検討されたアイディアをもとに、業務整理や画面(ワイヤーフレーム、デザインカンプ)の作成、画面のプロトタイプ化をいたします。お客様のアイディアから、内容の絞り込みを行うことで必要最小限でのプロトタイプをご提案いたします。

ユーザーインタビューオプション

¥750,000

想像ではなく、実際のユーザーの声で有用性を図りたい

ワークショップで生み出したアイディア・コンセプトを検証するため、ユーザーへのインタビューを行います。ユーザーインタビューによる客観的な評価と現状把握を行うことで、先入観だけに囚われない、より良いサービスを生み出すことが可能になります。

FAQ

1チームのみのワークショップを開催することは可能ですか?
1チームのみのワークショップ開催はお受けすることができません。必ず2チーム以上となるようにしていただくか、オプションのクリエイティブコンサルオプションをご検討お願いいたします。
ワークショップのサービス対象範囲について教えてください
IT・デジタルソリューションを用いるサービスを基本としています。自社内でのサービスやエンタープライズ向け、政府官公庁・自治体向けなども可能です。デザイン思考の学習や社内研修、UI改善などを目的にしたワークショップは開催しておりません。
ハードウェア製品の企画も対象ですか?
ハードウェア製品だけでは弊社では対象としておりません。ハードウェア製品に付随するアプリケーションやWebサービスなどの企画・開発が伴う場合は弊社でお受けすることが可能です。

CiRQLE

企業の健康経営をサポートするアプリ「CiRQLE」を株式会社 Phone Appli様と共に、共同開発させていただきました。

ワークショップに興味を持った方へ

こちらからワークショップに関する詳しい資料をダウンロードすることができます。